気になったら早期に治療したい歯の不調

>

歯の不調を放置しておくと

虫歯を放置してしまうと

虫歯は、虫歯菌が口に入ってくる糖を餌にし、酸を分泌します。
この酸が歯を溶かすことで虫歯が発生します。
通常であれば、歯の一番表層にあるエナメル質に小さな穴が開く(脱灰)だけで、唾液に含まれるリンやカルシウムにより「再石灰化」が起こることで、この穴をふさいでくれます。
「脱灰」と「再石灰化」が繰り返されることで、歯の健康は保たれているはずなのですが、プラークの中で虫歯菌が爆発的に繁殖してしまうと、その分酸の分泌も増え、「脱灰」が郵政になってしまい、エナメル質に大きな穴が開いてしまいます。
これが進行すると、エナメル質の下の象牙質、その奥にある歯髄を害してしまいます。
歯髄まで達し、壊死してしまうことにまでなると、顎の骨を溶かしてしまったり、血管に侵入した虫歯菌が、身体のほかの器官に害を与えてしまうこともあります。

虫歯の予兆を見逃さない

虫歯は症状によりC1~C4に分類されます。
C1は、エナメル質に穴が開くレベル。
C4になると、歯茎から上の部分がほとんど溶けてなくなり、神経は壊死してしまっている状態。
C4まで進行してしまうと、ほぼ、抜歯することになります。
初期虫歯といわれるのC1のレベルでは、半透明なはずのエナメル質が白濁したり、茶色く変色することもあります。
痛みはほとんどなく、自覚症状が無いため、気づくのが遅れることも多いです。
C2になると、エナメル質よりも柔らかい象牙質へ穴が達するので進行が加速してしまいます。
歯の表面の色の変化、舌で触った時に引っかかった感じがしたり、いつも同じ場所に食べ物が引っかかる、水や甘いものが染みる、といった感じがある場合は、虫歯の兆候です。
早めに歯医者さんの治療を受けるようにしましょう。


TOPへ戻る