元アメリカの居酒屋店員が教える外人さん相手の対象法

注文の際に外人さんを助ける方法

アメリカでは日本料理がとても人気で、その中でも居酒屋は今一番波に乗っています。しかし、まだ日本料理に対する理解が薄いので、居酒屋みたいに品が多いお店に来ると、外人さんは何を頼んでいいのか分からなこと多いです。一番いい方法は、お客さんに好きな食べ物や好みを聞くことです。まず相手がどんな料理を食べているのかを理解しましょう。甘いもの、辛い物、酸っぱい物など、ある程度分かれば、こちらもそれにちなんだ料理をおすすめできます。好きな食べ物を聞いた場合、それと似たものを提供することにより相手に安心感を与えることもできます。例えば、好きな日本食を聞き、それに近い料理を提案すれば外人さんは迷いなくそれを頼まれます。他にも色々なことを聞き、なるべくお客さんにあった食べ物を出すのが重要です。温かい物がいい人は、スープ、鍋物、や揚げ物を。冷たい物がいい人は、刺身やサラダなど、相手が欲している物を進めることができれば、スムーズにいきます。

外人さん相手の簡単なお料理の説明方法

外国の方々は注文の際に色々聞いてくることが多いです。そんな時に、どのように返せば一番理解してもらえるかが重要になります。説明が不足していた場合、文句やクレームが来ることが多々あります。ここでも相手の日本食に対しての理解度を知る必要がです。まず最初にその料理の材料と調理工程を簡単に説明しましょう。ちょっと長くなっても、外国の方たちは聞いてくれます。相手は聞いたことの答えを望んでいるので、ちゃんと答えた上げるのがポイントです。次にそれに似た料理をいくつか上げましょう。できるだけメジャーな食べ物で例えるのが一番いいと思います。人種関係なく理解してもらえるようなものが最適です。それでも理解してもらえない場合もあります。写真があれば、それを見せたり、現物があればそれを見せたりという方法もあります。ですが、これはあくまで最終手段として残しておきましょう。あまりこのやり方に頼らない方がいいですね。なるべく、言葉で説明できた方が手っ取り早く事が進みます。

外国人のお客さんとの会話や接し方

外国の方はとてもおしゃべりです。居酒屋にく来られるお客さんは特に日本への思いが強い方が多いと思います。そういう人たちには積極的に答えてあげると、好感を持たれます。好感度を上げれば、将来的にも得なことが多いと私は思っています。コミュニケーションはとても大事です。ちょっと会話をするだけだ、またお店に来てくれる確率が上がります。来てくれる回数が増えれば、利益も上がりますし、お店側としては大喜びです。これは、アメリカ特有のことですが、お客さんと仲良くなれば置いて行って貰えるチップの量も増えます。従業員として、これを逃すチャンスはないでしょう。接し方としては、固い感じではなくもっとラフな感じの方がいいでしょう。あまりなれなれしいのは良くないかもしれませんが、ある程度親近感がある方は相手も気軽に話しかけやすいと思います。お客さんによって異なりますが、コミュニケーションをとることによって色々のあ利益になることがあることは間違いないでしょう

ドリンクやお酒の説明とおすすめの仕方

多くの外人さんは日本食に来た時は、お酒を飲みたがります。大抵の人は熱燗や安い冷酒、酎ハイを頼まれますが、そうじゃないお客さんも多いです。日本のお酒を理解してない人が主なので、できるだけ説明してあげましょう。勧め方としては、まず相手の好みを聞きます。できれば好きなワインを聞くのが一番です。お酒はワインに非常に似ているため、ワインの好みでお酒の好みを知ることができます。そこまで知識がない人には、甘口か辛口、どちらの方が好きかを聞くのがいいでしょう。二択に絞ってあげることにより、相手に選んでもらうお酒を厳選できます。後は、お客さんに一つずつ特徴を説明すれば大体理解してもらえます。値段はあまり気にしなくていいと思います。相手に予算を提示されない限り、こちらからは値段に触れることはしなくていいでしょう。焼酎の場合は少し変わります。焼酎はワインというよりは、ウォッカに近いと説明した方がいいでしょう。米焼酎に関しては、韓国のソジュに似ていると言えば理解してもらえるます。後、焼酎の場合は飲み方を説明しましょう。説明しないと外人さんは飲み方がわからないので、間違えた飲み方をしてしまいます。なるべく丁寧に説明しましょう。