サイクリングの楽しさ・おもしろさ

ロードバイクで平坦を走る爽快さ

初めてロードバイクでサイクリングロードを走った時、ものすごく爽快でした。信号はないし、平坦が長く続くし車道を走っていると体験できないスピードを体験することができます。車道を走るのはちょっと怖いです。近くを車が通っていくし自転車の後ろ姿ってたぶん車から見たら小さいと思うので車の方も怖いなって思ってるのかなと思います。初めて県外まで行くとき主に車道を通って行ったのですが、信号の度に止まらなければいけないし車が止めてあったら車道にはみ出さないといけないのでとても怖いんですね。でもサイクリングロードを通ってディズニーランドあたりまで行ったとき、もの凄く楽で今までよりも早く遠くまでいけたんです。そのときサイクリングロードってすごい!と思いました。サイクリングロードは整えられた道も多いですし、休憩したいときは近くにコンビニがなかったりという欠点もありますが補給食をしっかり用意しておけば問題ありません。爽快にすいすい進みたいっていうときはサイクリングロードがおすすめです。

山を登り切ったときのもの凄い達成感

 

私は山は苦手です。息は切れるし、前にはなかなか進まないし、もうすごくきついんです。でも息も切らして汗も垂らして登り切った時、すごい達成感があるんですね。山頂からの景色もきれいですし登ってきたなぁ、やりきったなぁって気持ちが心から湧いてきて登ってよかった、頑張ってよかったって思うことができます。そういうところに魅せられて山を大好きになるクライマーが現れるんです。登り切った先の景色は登り切った人にしか見られませんから価値のあるものだと思います。山を登っていると思いも寄らない絶景に出会えたりするのでそこも魅力です。そして、山を登り切るのって長距離ライドで感じる達成感と違って短時間で味わうことができます。長距離ライドだと長距離ですから一定の時間がかかります。100㎞、200㎞行くのに1時間で終えることはできません。でもヒルクライムなら距離は短く標高を獲得していくことになるので短時間で終わるんですね。そしてヒルクライムは自分が出せる力を目一杯出すので十分な達成感を味わうことができます。

行く先々で出会う人と景色と食べ物

ロードバイクに乗っていると様々な人に出会います。ロードバイクを持ってお店に立ち寄ると声を掛けていただけることも多くて、どこから来たのかと話してくれる人が多いです。そこで優しい人に出会えたり、面白い人に出会えたり、今後会うかもわからない人ではありますが本当に良くしてくれる人が多いんですね。そいうった一期一会を肌に感じたり、陽が暮れてきて素敵な夕焼けを見たり、冬の時期には綺麗なイルミネーションに出会ったりします。そうした景色に出会うと感動しますし、ここまで走ってきてよかったと思えます。そして、サイクリングの途中で食べる食事や甘いものはとっても美味しいんです。普通に食べる時よりも増しで美味しいです。そうした人や景色や食べ物は計画していくこともあればたまたま寄ったところで出会えたりします。計画して行くところは自分の力で辿り着いたという達成感と共に味わえ、たまたま出会ったものは見つけられたことの喜びで溢れます。これが私がサイクリングにはまった一番の理由です。

サイクリング仲間の輪が広がっていく

サイクリングをしているとたまにロードバイクに乗っている人にすれ違ったり、サイクリングロードの休憩所でいろんなローディに出会います。そこでたまたま出会った人と意気投合して一緒に走ってみたりすることもあります。そして、一番はSNSで色々な人と出会えます。ロードバイク乗ってます!っていうだけで話しかけてきてくれる人が多いです。優しい人が多いです。SNSで知り合った人と一緒に走るのは楽しいです。一人で走るのもいいですが、やっぱり長距離ライドでは誰かと一緒に走りたいです。長距離ライドは肉体的よりも精神的に頑張ることが多いので誰かと一緒だと心強いです。また、SNSで知り合った人と走っているとその人の知り合いとも走っている時に出会ったりします。そうやってサイクリング仲間がどんどん増えていくんですね。サイクリングをしている人は様々な人がいますから、サイクリング仲間が増えていくことは色んな人と知り合いになることになります。学校の中や仕事の中でしか付き合いがないよりも多くの事を知れたり学べたりするので仲間の輪が広がっていくのは、人生の肥やしになります。