元アメリカの居酒屋店員が教える外人さん相手の対象法

元アメリカの居酒屋店員が教える外人さん相手の対象法

注文の際に外人さんを助ける方法

アメリカでは日本料理がとても人気で、その中でも居酒屋は今一番波に乗っています。しかし、まだ日本料理に対する理解が薄いので、居酒屋みたいに品が多いお店に来ると、外人さんは何を頼んでいいのか分からなこと多いです。一番いい方法は、お客さんに好きな食べ物や好みを聞くことです。まず相手がどんな料理を食べているのかを理解しましょう。甘いもの、辛い物、酸っぱい物など、ある程度分かれば、こちらもそれにちなんだ料理をおすすめできます。好きな食べ物を聞いた場合、それと似たものを提供することにより相手に安心感を与えることもできます。例えば、好きな日本食を聞き、それに近い料理を提案すれば外人さんは迷いなくそれを頼まれます。他にも色々なことを聞き、なるべくお客さんにあった食べ物を出すのが重要です。温かい物がいい人は、スープ、鍋物、や揚げ物を。冷たい物がいい人は、刺身やサラダなど、相手が欲している物を進めることができれば、スムーズにいきます。

外人さん相手の簡単なお料理の説明方法

外国の方々は注文の際に色々聞いてくることが多いです。そんな時に、どのように返せば一番理解してもらえるかが重要になります。説明が不足していた場合、文句やクレームが来ることが多々あります。ここでも相手の日本食に対しての理解度を知る必要がです。まず最初にその料理の材料と調理工程を簡単に説明しましょう。ちょっと長くなっても、外国の方たちは聞いてくれます。相手は聞いたことの答えを望んでいるので、ちゃんと答えた上げるのがポイントです。次にそれに似た料理をいくつか上げましょう。できるだけメジャーな食べ物で例えるのが一番いいと思います。人種関係なく理解してもらえるようなものが最適です。それでも理解してもらえない場合もあります。写真があれば、それを見せたり、現物があればそれを見せたりという方法もあります。ですが、これはあくまで最終手段として残しておきましょう。あまりこのやり方に頼らない方がいいですね。なるべく、言葉で説明できた方が手っ取り早く事が進みます。

外国人のお客さんとの会話や接し方

外国の方はとてもおしゃべりです。居酒屋にく来られるお客さんは特に日本への思いが強い方が多いと思います。そういう人たちには積極的に答えてあげると、好感を持たれます。好感度を上げれば、将来的にも得なことが多いと私は思っています。コミュニケーションはとても大事です。ちょっと会話をするだけだ、またお店に来てくれる確率が上がります。来てくれる回数が増えれば、利益も上がりますし、お店側としては大喜びです。これは、アメリカ特有のことですが、お客さんと仲良くなれば置いて行って貰えるチップの量も増えます。従業員として、これを逃すチャンスはないでしょう。接し方としては、固い感じではなくもっとラフな感じの方がいいでしょう。あまりなれなれしいのは良くないかもしれませんが、ある程度親近感がある方は相手も気軽に話しかけやすいと思います。お客さんによって異なりますが、コミュニケーションをとることによって色々のあ利益になることがあることは間違いないでしょう

ドリンクやお酒の説明とおすすめの仕方

多くの外人さんは日本食に来た時は、お酒を飲みたがります。大抵の人は熱燗や安い冷酒、酎ハイを頼まれますが、そうじゃないお客さんも多いです。日本のお酒を理解してない人が主なので、できるだけ説明してあげましょう。勧め方としては、まず相手の好みを聞きます。できれば好きなワインを聞くのが一番です。お酒はワインに非常に似ているため、ワインの好みでお酒の好みを知ることができます。そこまで知識がない人には、甘口か辛口、どちらの方が好きかを聞くのがいいでしょう。二択に絞ってあげることにより、相手に選んでもらうお酒を厳選できます。後は、お客さんに一つずつ特徴を説明すれば大体理解してもらえます。値段はあまり気にしなくていいと思います。相手に予算を提示されない限り、こちらからは値段に触れることはしなくていいでしょう。焼酎の場合は少し変わります。焼酎はワインというよりは、ウォッカに近いと説明した方がいいでしょう。米焼酎に関しては、韓国のソジュに似ていると言えば理解してもらえるます。後、焼酎の場合は飲み方を説明しましょう。説明しないと外人さんは飲み方がわからないので、間違えた飲み方をしてしまいます。なるべく丁寧に説明しましょう。

ソエジマトシキが好きなので紹介したい。

紹介するのは、音楽系Youtuberのソエジマトシキさんです。
ソエジマトシキはたぶん2~3年前からYouTubeをやりだしたギター講師の方です。

初めは良いチャンネルなのに視聴回数が少なかったですが、気づいたら凄く増えていました。
ソエジマトシキさんが他のギタリストYoutuberと違うのは、ネオソウルなどのオシャレジャンルに特化しているとこです。

けっこうギタリストYoutuberはハードロック系の方がおおですが、ソエジマトシキさんはオシャレ系のギタリストです。
こういうジャンルに特化した方は少ないので凄くおすすめです。

しかも、教え方が丁寧で判りやすく、動画の時間も長過ぎず短すぎずでちょうど良い長さです。

最初に見たのは、イギリスのギタリストのトム・ミッシュを扱った動画を探していて、唯一日本人で紹介していて知りました。

その時はソエジマトシキさんは、YouTubeを始めたばかりで、動画の作りがあまい感じでしたが、直ぐに悪いとこを直していって、どんどん判りやすくなっていきました。

最初はそういう有名ギタリストの奏法解説や、オシャレフレーズや奏法の解説、ギターアンプのセッティングの仕方、エフェクターなどの使用機材紹介など、1人での動画でしたが、今では有名なギタリストYouTubeや有名ギタリストなどとコラボしたり、一緒に演奏したりする動画などもあげれるくらいになりました。

ギターを触ったことが無いくらいの初心者には向いていませんが、ギター中級者などでロックなどのギターに飽きて新しい何かを求めているギタリストや、オシャレなギターフレーズが弾きたいけど、何を学べば良いかわからないギタリストにはオススメです。

YouTubeだけに留まらず、Twitterやnoteなどもやっているのでオススメです。

ドレークのワノ国で飛び六胞として潜入している理由は?SWORDとの関係は?

和の国編でドレークがまさか、カイドウの真打としてのスパイ行動を行っているのが分かるシーンがある。そこは下記を見ていただければと、
ビックマム、カイドウが手を組んだ事を一早く内密にドレークがコビーに連絡を取っている。その際コビーも仲間である身内に隠れながら合言葉を使い連絡を取り合っている。ドレークは少なくともカイドウ陣営ではない事がわかる。

 

上記は箇条書きになってしまっているが、現在元帥であるサカザキ(赤犬)はガープが英雄と呼ばれる由縁にもなったロックス海賊団(ビックマム、カイドウ、キャプテンジョンなど所属していた)まさに、四皇のうち2人が手を組む事はロックス海賊団並の脅威が迫っていると海軍本部内でも、議論になっていた。だがサカズキのレヴァリー(世界会議)の護衛に人数を割いてる事ともあり現元帥サカズキは非加盟国だから無視しろとの指示なのは納得いくが、ここでドレークがスパイとして潜入してるのは矛盾が生じてる。ドレークがスパイとして行動をとっているのに何も対応を取らないと事はスパイとして潜入している事は現元帥サカズキは知らないと見られる。ここで自分なりの考察は海軍には内密に動いているのが伺える。(同じ事を言うが、コビー、ドレーク、センゴク、もしかしたらクザン)

 

その海軍本部で内密で動いてるコビーとドレークの上記にも記してるように考察を考えるとしたら、元元帥のセンゴク、英雄ガープが一枚噛んでると捉えられる。何故かは、まず元帥を降りる前のセンゴクはクザン(青雉)を推薦していた事とコビーは海軍に入りガープの弟子でもあり現元帥サカズキは前元帥センゴク、元大将クザン(青雉)との海軍が掲げてる正義とは結構な溝があると見える。

 

ガープはレヴァリー(世界会議)より気になってる様子も伺える。(天竜人を毛嫌いしている部分、エースを目の前でサカズキに殺された際もサカズキに対して殺意を抱いてる様子など)今後、単行本派の方にはネタバレになってしまうが、ドレークは鬼ヶ島での宴に参加をしている。真打の内、ホーキンス、ドレークは味方と言うよりか鬼ヶ島の壊滅に追い込む同じ、目的を持っていると見られる。ホーキンスについてはローが何故ホーキンスに捕まったのにも関わらず、鬼ヶ島に上陸しているのかが気になる点でもある。ここまで文を書かせていただいたが、初めての考察になるので分かりづらい人が居ると思うが、
まとめると今後、カイドウの部下としてドレーク、ホーキンス他にもいるがこの2人は鬼ヶ島壊滅にルフィ達に加わると見られる。今になって伏線の話になるがローが仲間の代わりに捕虜になったが時に、ホーキンスの前で笑っているシーンがある。ここでホーキンスとローの間でのやりとりが、伺える。いつも冷静なローが捕虜になったとしても笑っているところは伏線として捉えられる。現に牢から出ているから。海楼石で手錠かけられている上に真打のホーキンスが居ながらも何度も言うが鬼ヶ島にルフィ達と上陸している。

 

文面にするのは難しいですね笑
改めて箇条書きにさせて頂くと
ローが真打ホーキンスを前に囚われてるのに笑っている
ドレークは少なくともカイドウ陣営ではない。「スパイとしてかつどうしてる海軍として)
ドレーク、ホーキンスがカイドウに今後敵対するとなると伏線として十分整ってる。


なお余裕があるならカイドウの息子ヤマトについてもまだ伏線も確信も無いがカイドウに対して不満があるはず、
カイドウの息子ヤマトが今後重要人物になってくる。鬼ヶ島壊滅に。

ワンピース981話のネタバレ考察!クイーンの相手はゾロ?

ルフィ、ゾロは敵地に静かに潜入出来るようなキャラではないので、必ず問題を起こすと思っていました。こんな早く戦いが始まるとは思ってませんでしたが様々なキャラの戦いが見れて嬉しいです。おしるこをぶちまけた事に対して真剣に怒る2人が面白可笑しくこのままの勢いでカイドウとの戦いも早く見たくなりました。アプー、キッドと他の最悪の世代の能力の一部は分かっていても詳細を知れる機会がこれまでなかったのでこの2人の戦いの行方が気になり、次号休載なのでとても残念です。

アプー、キッドの両者が本格的に戦うことになり、キッドがここは任せろという感じでゾロ、ルフィーがここを抜けようとすると思います。走り出す2人の前にクイーンが現れて次はゾロがここを請け負うと言い出し、戦いがここでも始まります。会場がどんどん破壊される事によって次第にオロチの耳にも騒動の報告がいくでしょう。ルフィは1人になるが順調に進むことが出来るが、カイドウと戦う前にモモの助を助けるためにカン十郎と一戦交えてほしいです。